“『確かな経営』と『元気な未来』を約束致します。”

合同会社マネジメント・サポート

Information

「経営の長い階段」-マネジメント・コラム

2014/01/22

小生は経営を長い階段を例えたりします。階段の一段は低くても、毎日、一段づつ上ることに意味があります。一段一段、着実に階段を上ると見える景色が変わってきます。今まで見えなかったものが見えてきます。そうすると、また新たな複数の階段があらわれます。

 

その高さで見える景色からどの階段を上るかを判断します。そして、選んだ階段をまた一段ずつ上がっていきます。経営はこの繰り返しだなぁと思います。

 

一足飛びに3段ぐらいとばして階段を上がりたいという気持ちは誰しもあります。でも、3段とばしを続けるには無理があるでしょう。失敗して、つまづいたり、最悪の場合、階段から転げ落ちて、すべてが水の泡ということにもなりかねません。

上を見上げて「あそこまで行くのは大変だなぁ」、「何とか楽をして、あそこまで行ける方法はないか」と考えないで、今、目の前にある階段を一段上げる努力をしてはいかがでしょうか?

一段、一段のぼっていくうちに体力がついて、3段跳びができるようになったり、一段が高い階段に出会えるような気がします。

 

by 高山吉和