“『確かな経営』と『元気な未来』を約束致します。”

合同会社マネジメント・サポート

Information

「期限のない仕事」-マネジメント・コラム

2014/03/06

あるTV番組で地方のバス会社の経営を立て直すドキュメントをしていました。女性の経営コンサルタントの方がバス会社の職員に尋ねます。「この仕事はいつまでできますか?」

バス会社職員「できるだけ早くにできるようにします。」経営コンサルタント「いつまでにできるかと聞いているんですが」バス会社職員「早くできるように努力します」経営コンサルタント「私は仕事の期限を聞いているのです。期限を決めないのはその仕事をやらないといっているのと同じです。」という会話がありました。「期限のない仕事はやらないといっているのと同じ」という言葉にインパクトを覚えました。

会社の業務で上司が部下に仕事を指示・命令をするときによく忘れるのが、この期限です。例えば、午前中に「この資料を整理しておいて」という指示がありました。この指示には期限がありませんね。期限がないと部下はいつまでに整理すればわかりません。1時間後なのか、今日中なのか、1週間後なのか。極端な話、10年後でもいいともとれます。そして、その日の夕方、上司が「資料整理できた?」と唐突に訊いてきます。部下にとってみれば、「えっ!今日中にする仕事だったんですか?」となります。よく似たケースを経験された方も多いのではないでしょうか?

冒頭のバス会社のケースは、受け手の返答でしたが、仕事を指示する上司も期限を伝えないと「その仕事はやらなくてもいいよ」と言っているのと同じなんですね。

by 高山吉和